お名前シール 場合の注意

お名前シールは、水に弱いため、上履きを洗うことを考えると、アイロンシールが向いている

上履きに名前を入れるということは、誰かと間違わないようにするために重要なことになってきます。
名前を書くなんてことは簡単に入れられそうに感じるかもしれませんが、いろいろな障害があるのが上履きだったりするのです。

上履きの名前つけの問題は素材にあります。
油性マジックを使おうと考えた場合、どうしてもにじんでしまうこともあります。
そうなると、きれいに名前つけをしてあげることができなくなってしまいますし、視認性も落ちてしまいます。
そこで、お名前シールがあるのですが、使う場合には注意が必要になってきます。

お名前シールは、水に弱いため、上履きを洗うことを考えると、アイロンシールが向いているといえるでしょう。
ですが、このアイロンシールを定着させるためには、熱をかけなければいけません。
生地にナイロンなどを使っている場合、どうしてもアイロンをかけることができないものも存在します。
ですので、素材を見て使っていかなければいけないものといえるでしょう。

ゴムの部分につける方法もあります。
熱には耐えられるのですが、アイロンシールは圧力をかけなければいけないものでもあります。
下に硬いものを当てることができれば問題がありませんが、こういったものをどうやって用意していくかで耐久性に違いが出てしまうのです。

そういった面からも、名前つけにはお名前スタンプを使うことリスクが少なくて済むといえるでしょう。
布用のスタンプ台を使っていけば、落ちてしまうことも防ぐことができるのです。